上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
  にほんブログ村

  拍手する
  非公開コメント残せます

2015.01.27 犬とのリンク
誰もいない散策路を3頭の犬とテクテクと歩いていると、本当にその感覚の違いに新鮮な気持ちになる。

ミカはたいてい私のソバをテクテクと歩いている。
ちゃーこはドドドと走って行ってもドドドっと帰ってきて、道以外のところはあまり入り込まない。
ずっちゃんはブッシュへずんずん入って行ってしまう。

CIMG5957.jpg


最近人の歩いた形跡がない道で、100メートル先位に鹿の群れがいた。

それに気が付いていたミカもずっちゃんもそわそわしていて、ずっちゃんは
匂いを追ってなんどもフラフラブッシュへ入って行く。

CIMG5944.jpg

ミカは気になってきになって仕方がない。
ストックをカンカン鳴らして「今そちらに歩いて行くからのいてね」と音を出しながら歩くも鹿はとてものんびりと
山の方向へ歩いている。




この状況に対して。
ちゃーこは、私から2メートルくらいのところから絶対先へ行かず、ちらちら私を見ている。
あ。こいつは絶対行かんな。ばーちゃんの指示を待ってくれるな。
一番アホっぽいし、アジリティではなかなか一方行なコミュニケーションしか取れないけど、
そういう時の空気の読み方や双方向コミュニケーションは本当に我が家の中でも抜群だなぁ。
CIMG5946.jpg


ずっちゃんはその間もふらーりふらーりブッシュへ消えていってたけど、きっと我を忘れて追うことはないという
絶対の自信があった。(とはいえ、あまり遠くにいきそうな感じの時は「今はダメ」と制してたけど)
自分の自由度も高いけど、私との糸は切らないでくれるだろう。

問題はミカ。
CIMG5948.jpg

いつも散策しているときは一番私の近くでドナドナ歩くヤツだけど、近くで鹿に遭遇して
変なスイッチはいったら、こいつはきっと私の声は聞こえない。好き勝手に追ってしまうだろう。
別に追ったことがあるわけじゃないけど、なんとなくそんな感じがしたから。

一番べたべただし、私の指示には非常によく従うミカくんだけど、まだまだ私とのコミュニケーションでは
上の2頭にはかなわないわな。

でも、こういう状況でもまずは「おかーさん、どうしよっか?」という視線を投げかけてくれる日が
彼となら絶対いつか来ると信じてるよ。

CIMG5912.jpg



だから今はまだこういう状況ではミカにはすちゃっとリードを付ける(爆)

  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
  にほんブログ村

  拍手する
  非公開コメント残せます


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。