上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
  にほんブログ村

  拍手する
  非公開コメント残せます

アジリティのドッグウォークは上りと下りにタッチゾーンという踏まなきゃいけないエリアがあって、
確実に踏ませるために、たいてい下りは、後ろ脚をそのタッチゾーンに残す形で犬をいったん止まらせる。
それを踏ませるが故にスピードが減速してしまうことを悩みの種にするペアも多いことだろう。




ちゃーちゃんのドッグウォークは迷いがない。

教えてもいないが上りも下りも一定のスピードで駆け抜けてくれる。
でも駆け抜けてしまうのはタッチゾーンを踏まない可能性もあるから危険なのだ~。

今では、このドッグウォークでスピードを上げる練習をしているわんこも
相当いて、ほれぼれするスピードでしっかりタッチゾーンを踏みながら
駆け抜けるわんこがたくさんいる。




で、ちゃーちゃんのドッグウォークはタッチゾーンで止めているけど迷いがない。

それは彼女はがむしゃらに走っていると、「踏む」「そこで止まる」ということが
すっかり頭から抜けてしまうからだ
なんとかしてー




なので、駆け抜けた後に・・

IMG_3932.jpg
地上についてから思い出すことのほうが多い。
(あえて足腰の衝撃を考えてこうやって教えている方もいるけど。)



IMG_3933.jpg
トレーナーの冷たい視線に一生懸命後ろ足でそーっと板を探すちゃーこはすごくかわいい。




ちなみに競技会では降りた後にこうやって踏みなおすと失格である。
たまに律儀なわんこさんは競技会でこれをやってしまう。あ~あ、と思うけど
その律儀な性格にホレボレする。




  にほんブログ村

  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
  にほんブログ村

  拍手する
  非公開コメント残せます


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。